生活習慣大丈夫!? 立川ダンススクールFANTASY日誌

こんにちは!立川ダンススクールFANTASYです。 本日は生活習慣病についてのお話

1

生活習慣病の種類

生活習慣病の種類は色々とあります。生活習慣病はその名前を見てわかるとおり生活習慣が乱れていることから、起きる病気のことを言います。いろいろな病気をあげることができます。まず一つ目の生活習慣病としては、糖尿病があります。糖尿病はカロリーの高いべものをしていたり運動不足、ストレスが原因でかかるとされています。そして高脂血症も生活習慣病の一つです。こちらもコレステロールが高い食べ物や中性脂肪が多い食べ物をよく食べることで、血液の中の脂質が増えたことが原因で起きる生活習慣病の一つです。そして高血圧症も生活習慣病の一つです。血圧が高い病気ですが、遺伝も関係していますし、肥満やホルモン異常などで起きるともいわれています。生活習慣病で最近注目されているのがメタボリックシンドロームです。肥満症ともいわれていますが脂肪が多い体形で、体重が標準よりも重い状態です。メタボリックシンドロームはさまざまな生活習慣病の引き金になる可能性もあるので注意が必要です。そして生活習慣病の種類として三大生活習慣病といわれている一つにがんがあります。そして脳卒中、心筋梗塞などが挙げられます。生活習慣病の種類はこのように色々とあり、原因は日々の生活習慣の不摂生や食事の偏食が原因であるといわれていますので、見直すことで防ぐことができますが、自覚症状がないうちに、自分では気がつかないうちに、生活習慣病にかかっているという人が大半です。

2

生活習慣病の原因

生活習慣病の原因については、色々な原因があります。生活習慣病を予防するためには、その原因を知り、できるだけかかりにくくすることが大切です。生活習慣というのは長い間にわたって行ってきた不摂生や食生活の偏食などが原因として挙げられますから、簡単に直すことというのは難しいと思います。しかし早めに生活習慣病の危険因子、原因を知って、それを解決することが大切ではないでしょうか。昔の日本ではそれほど生活習慣病というのはありませんでしたが、ここ数年の間で急激に増えたのにはいろいろな理由があります。生活習慣病の原因は人によっても色々ではありますが、大きく分けるとすると、遺伝が原因であること、そして環境が原因であるという二つに分けることができます。そしてここ数年で日本人に生活習慣病が増えた原因としては、環境が原因であるといわれています。運動不足が生活習慣病の原因としても挙げられますし、栄養のバランスの悪い、高カロリーな食事、欧米化した食事が、生活習慣病の原因になります。そして、喫煙も、生活習慣病の原因の一つです。ここ数年の日本はストレス社会といわれていますが、ストレスがたまりやすいことや解消できないことも、生活習慣病の原因になっています。これらは生活習慣病の環境の原因といってもいいと思います。そして遺伝的な原因としては、もともと、身内にがんや高血圧などの生活習慣病にかかりやすい人が多かったということが挙げられます。

3

生活習慣病の予防

生活習慣病の予防法は色々とあります。どんな病気に対しても言えることで、生活習慣病に限ったことではありませんが、生活習慣をきちんと正しく整えることが、生活習慣病の予防になりますし、すでにかかってしまっている人は改善になります。生活習慣病に限らず、色々な病気などを引き起こす原因も生活の乱れなどが原因で起きているといわれていますので十分に注意しましょう。生活習慣病を予防するために日々気をつけなければいけないことをここで紹介します。まず一つ目としては、栄養バランスの良い食事をとるようにしましょう。栄養バランスが偏り偏食が続き、高カロリーな欧米化した食生活をしていると、生活習慣病にかかりやすくなります。昔ながらの和食を食べること、それが生活習慣病の予防につながります。そして十分に睡眠をとることは生活習慣病の予防にもつながります。規則正しく早寝早起きが生活習慣の基本です。睡眠時間をたっぷりととるようにしましょう。そして最近は運動不足の人が多いですが、健康を維持するためには適度な運動も必要ですから、適度に毎日運動をすることも、生活習慣病の予防につながります。そしてストレスを抱えながら生活をしていると、生活習慣病の悪循環が引き起こされてしまいますので、自分のストレスと上手に付き合う方法を身につけましょう。そのためには、ストレスをためないこと、ストレスを発散させることが大切になってきます。生活習慣病の予防はこうした日常生活の些細なことに気をつけるだけでも違ってきます。

4

生活習慣病対策

生活習慣病対策としては今国をあげて色々と対策が行われています。厚生労働省が導入している、生活習慣病対策というものもあります。その中身は、食生活習慣の見直し、そして運動習慣の見直し、休養について、喫煙と飲酒についてです。昭和の後半ごろから、生活習慣病は急激に増えつつあるといわれていますが、それまでは、生活習慣病という名前で呼ばれていませんでした。脳卒中、がん、心臓病を三大成人病と呼んでいたのですが、それが成人病とは言われないようになり、生活習慣病といわれるようになりました。その背景は、成人病は生活習慣が関わっていることがわかったからです。生活習慣を見直すことで、生活習慣病を防ごうという働きが、生活習慣病対策です。生活習慣病対策は今日やって明日効果が出るというようなものではありません。生活習慣病というのは、早期発見をすることがなかなか難しく、自覚症状は症状が悪化するまで気がつかないというケースが多いので、突然起きてしまう人が多いという特徴があります。そして生活習慣病はすでに発症している時点では、完治することは難しいともいわれているので厄介です。完治できなくなる前に、毎日の生活の中で生活習慣病対策を出来ることから始めることが大切です。まずは食生活の見直し、そして規則正しい生活を送ることなどを元に見直していってみてはいかがでしょうか。手軽に始められることから続けていく、それが生活習慣病対策になります。

5

生活習慣病を食生活

生活習慣病の原因ともいわれているのが食生活の乱れです。食生活が原因で、生活習慣病になることもありますので、十分に注意しなければいけません。生活習慣病を予防する食生活をここで紹介したいと思います。まず気をつけたいのは偏食です。栄養バランスが偏ることによって生活習慣病は引き起こされるといわれていますから、生活習慣病を予防するためには、偏食を治して、色々なものを食べ、栄養バランスを整えることも大切です。1日30品目は取りましょうといわれていますが、30品目を目標に食べるようにしましょう。そして日常生活は、食事に気をつけつつ、運動も適度に行いましょう。食事はマンプク食べるというのではなくて、腹八分目にしておくことが大切です。そして塩は控えめで、薄味にすることも大切です。生活習慣病ではカロリーの高い食べ物、脂肪分の多い食べ物は極力減らすようにしましょう。そして肉、魚、野菜のバランスもきちんと考えたうえで摂取するようにします。生活習慣病は色々な原因があるといわれていますが、食生活が大きく占めていることもよくあります。ですから、食生活を見直すことで。生活習慣病を予防することが出来ますので、まずは普段の食事から気をつけてみてはいかがでしょうか。欧米化した高カロリーな食事をとるのではなくて、栄養バランスのいい、昔ながらの日本の和食を食べることが生活習慣病予防につながります。薄味を心がけて塩分の取りすぎにも注意しましょう。

6

生活習慣病チェック

生活習慣病は普段の生活習慣によって引き起こされる病気のことですが、ある日突然症状が起きることが大半ではありますが、症状が出たのは突然だったとしても、何年も蓄積された結果に発症するのが生活習慣病です。生活習慣を見直すことで、生活習慣病にならないように事前に予防することは十分にできます。生活習慣病に自分がかかっているのかということは、なかなかわかりにくいことです。自覚症状がないことが特徴ですから、自分が生活習慣病にかかっているということを意外と自覚している人は少ないでしょう。そのために、まずは生活習慣病チェックを自分で受けたうえで当てはまることがないか調べてみることが大切です。チェックの方法は色々とあります。健康診断を受ければ、一番早いのですが、健康診断をなかなか受けられない人でも、生活習慣病チェックを受けることは可能です。インターネット上で生活習慣病をチェックできるサイトはあります。YES NO形式で答えていき、その結果、生活習慣病であるかどうかがわかりますので手軽です。生活習慣病は発症しなければなかなかわかりにくい病気ですから、発症する前に知ることで、症状が出るのを防ぐことができます。生活習慣病を予防するためにも、チェックを受けることは必要です。食事の時間や生活習慣などをチェックしていき、生活習慣病であるかどうかがわかるチェックがとても手軽です。予備軍という結果になった人は今からでも遅くはありませんので、改善させるようにしましょう。

7

生活習慣病と運動

生活習慣病を予防したり、改善させる方法の一つに、運動を行うことが挙げられます。現在の日本人は、デスクワークが多いですし、マイカーの普及に伴い、運動をする機会が減った人が多く、運動不足になっている人が増えています。生活習慣病の原因の一つに、運動不足を挙げることができますから、改善、予防をしたいと思っている人は運動をすることがお勧めです。運動といっても色々な運動がありますが、どんな運動をしても生活習慣病の予防や改善につながるというわけでもありません。たとえば生活習慣病の予防に効果があるといわれているのは、全身を使った運動で、運動をしながら大量に酸素を取り込むことが出来る運動が効果的です。特に有酸素運動は、体の中に大量の酸素を取り込むことが出来ますので、生活習慣病予防の運動としては最適です。今話題のメタボリックシンドローム対策にもつながります。有酸素運動をすることが生活習慣病の予防につながるとは言っても、具体的にはどんな運動がいいのかというと、具体的には、ウォーキングや、ジョギング、サイクリングやエアロビクスなどが効果的です。辛くて続けられそうにないような運動をするのではなくて、毎日手軽に続けられて継続して毎日行えるような有酸素運動をするのがお勧めです。わざわざ運動をするというのではなくて、たとえば普段は自転車に乗っていた場所を歩いて行ってみるとか、バスを使っていたところを歩いてみる、電車を一つ手前で降りるなども、手軽にできる運動です。

8

生活習慣病予防健診

生活習慣病予防健診とは、生活習慣病を早期に発見するために行われている予防するための健診です。全国の健康保険協会では、被保険者や配偶者を対象にして、生活習慣病にかからないためにも、予防するためにも健康診断を実施しているのです。生活習慣病というのは発症するまでに、生活習慣が蓄積されて病気になりますから、早めに生活習慣病であるということを自覚しておけば、病気の発症を防ぐことができます。健康診断というのは、生活習慣病を予防したり、発見するためには欠かせないことですから、定期的に生活習慣病予防健診を受けることをお勧めします。具体的には、どんな生活習慣病予防健診が行われているのかというと、一般的な健診として問診や身体測定、血圧測定、尿検査、血液検査、レントゲンなどが行われています。生活習慣病予防健診の対象となっているのは主に40歳以上の人を対象として行われています。女性の場合には、乳がん検診や子宮がん検診なども生活習慣病予防検診として実施されているところが多いです。生活習慣病は、その特徴から、なかなか自覚症状もありませんので、自分で発見することは難しいとされていますし、自分で発見したとしてもすでに発症した後であった場合には、生活習慣病を完治させることは難しいといわれていますから、早期に発見して、早めに改善させるためにも、定期的に生活習慣病予防健診を受けることはとても大切なことにつながるのです。

9

生活習慣病と休養

生活習慣病は運動や食生活、そして休養などが原因で発症するケースが多いといわれています。特に日本人は他の諸外国に比べてみても、休養をしっかりととるということが出来ていないといわれています。休養をしっかりととることが出来ないことによって、免疫力が低下したり、また、ストレスがたまりやすい状態になり、それが続くことで、生活習慣病を発症するともいわれています。生活習慣病を予防するためには食生活の見直しや適度な運動などももちろん必要ではありますが、それ以前に、やはり休養をしっかりととることそれが基本になってきます。働き盛りの人の多くが生活習慣病にかかりやすいといわれており、特に休養をしっかりと取らなかった人は、生活習慣病の脳卒中や、心筋梗塞、心臓病などを引き起こしやすいといわれています。適度の休息をして体を休めてあげなければ、疲労がたまり、それが蓄積されて体に負担がかかってしまい、生活習慣病へとつながります。生活習慣病を予防したいと思っている人は、食生活の見直しや生活習慣の改善はもちろんのこと、他にも、休養をしっかりと取り睡眠不足にならないように十分な睡眠時間を確保することも大切です。現代人の多くが抱える生活習慣病の原因の一つとして十分な休養がとれていないことが挙げられますが、生活習慣病の発症を未然に防ぐためにも、できるだけ休養はしっかりと取るように心掛けて日々の生活を送るようにすることがポイントです。

10

生活習慣病の糖尿病

生活習慣病の一つとして糖尿病があります。生活習慣病の糖尿病の多くが、自覚症状がほとんどありませんから、健康診断を受けて初めて自分が糖尿病であるということに気がつくという人が多いといわれています。糖尿病になりやすい人の生活習慣というのは、たとえば食事の食べすぎ、アルコールの摂取のしすぎなどから、生活習慣病にかかるといわれています。糖尿病にかかってしまった場合には、なかなか短期間での完治は難しく、食事療法や運動療法、時には薬を使いながら、治療を進めていくということになります。血糖値が高い状態が糖尿病では続くのですが、全身に障害が起きてしまいます。それが原因で色々な病気の引き金になるともいわれています。たとえば、生活習慣病の糖尿病を発症したことによって、腎不全になったり、失明をする、脳卒中にかかってしまう、心臓病を患うなど、色々な病気を発症しやすい状態になってしまいます。ですから、生活習慣病として糖尿病のけがあるといわれた場合には、早めに治療を始めなければ他にも合併症が加わりますので注意が必要です。検査を受けて、高血糖だということがわかったら、生活習慣の中で、食べ物に気をつけたり、運動をして、血糖値を自分で管理しなければいけません。日本で生活習慣病の糖尿病になる人の割合はとても多いといわれていますから、少しでも早く発見して、早期治療をすることをお勧めします。食事療法ではきちんと守って、適正体重をキープすることが大切です。

11

メタボリックシンドロームと生活習慣病

生活習慣病の中でも特に注目されているのがメタボリックシンドロームではないでしょうか。肥満や高血圧、高血糖などのリスクを伴っているメタボリックシンドロームの人はとても多いといわれています。メタボリックシンドロームにかかっている生活習慣病の人は、現在、男性の2人に1人の割合、女性の場合には5人に1人の割合でいるといわれていますから、人事ではないような状況です。生活習慣病のメタボリックシンドロームであるかどうかということは診断基準があります。まず中性脂肪知が150mg/dl以上の人、そしてHDLコレステロールが40mg/dl未満の人、最大血圧が130で最小血圧が85以上の人などもメタボリックシンドロームの診断基準の結果、診断されることになります。生活習慣病を予防するためにはメタボリックシンドロームを予防して改善させることが必要ですが、そのためには常に食事のときには腹八分目を心がけることや、野菜、食物繊維を食べる、塩分控えめの薄味の食事をする、適度な運動をする、喫煙、アルコールの抑制、そしてストレスをためないことも、生活習慣病のメタボリックシンドロームを予防することにつながりますので、覚えておきましょう。最近はコレステロールや中性脂肪を下げる油なども販売されていますし、飲み物やサプリメントなども販売されていますから、上手に利用しながら、メタボリックシンドロームを予防して生活習慣病を未然に防ぎましょう。

12

生活習慣病はサイレントキラー

生活習慣病はサイレントキラーと呼ばれています。なぜサイレントキラーと呼ばれているのか、それは自覚症状をほとんど感じることなく突然発症する病気だからです。沈黙の殺人者、サイレントキラーと呼ばれている生活習慣病ですが、目立った自覚症状も泣いために気がつかない人が多いために、不摂生が蓄積されてそして気がつけば、生活習慣病を発症しているという人も多いのです。生活習慣病を発症するという時点ですでに症状は悪化していると考えられて、すでに手遅れになっていることの方が多いといわれています。脳卒中や心臓病、高血圧などは自覚症状がほとんどなく、突然症状が起きた時にはもう手遅れで場合によっては死にいたることもあります。このようなことから、生活習慣病はサイレントキラーと呼ばれているのです。サイレントキラーである生活習慣病を未然に防ぐためには、早期発見が必要です。そして、生活習慣病の原因である要因を発見して改善していくことが必要です。生活習慣病は生活習慣が原因で、食べすぎや運動不足、喫煙やアルコール、ストレスなどが引き起こしますので、気がつかなくて、何十年とそんなことを続けていれば、生活習慣病がサイレントキラーとなって忍び寄ることになります。発症してからでは遅いですから、心当たりのあるという人は、早めに生活習慣病を予防する努力を常に考えなければいけません。そのためには生活習慣の見直しや改善が一番に必要になってきます。

13

生活習慣病の患者数

生活習慣病の患者数は年々増えているといわれています。その中でも生活習慣病の種類によって患者数は違っています。生活習慣病で一番患者数が多いとされているのが高血圧性疾患です。そして次に患者数が多いとされているのが糖尿病、心疾患、脳血管疾患、悪性新生物の順番に、生活習慣病の患者数は増えています。生活習慣病の高血圧性疾患の患者数は718万6千人といいますから、これはかなり多い患者数であることがわかります。次いで患者数の多い糖尿病で211万5000人、そして心疾患が184万5千人、脳血管疾患が、147万4千人、悪性新生物が、127万人といわれています。生活習慣病でそれぞれ医療機関にかかっているという患者数の総合計は全国に1400万人以上いるとされています。日本ではほかの海外の国に比べると長寿国であると同時に、生活習慣病大国であるということも最近の傾向では強くなっています。患者数がここ数年で大きく増えたことの原因としては、生活習慣病の原因を見てみるとよくわかります。まず運動不足については、マイカーの普及により運動をする機会が減りました。そして食生活については、和食で野菜中心だった日本食ではなく、高カロリーで、肉食中心の食事である欧米化した食生活が原因です。そして仕事に忙しくストレスもたまりやすい環境の中で生活をしているということも生活習慣病の患者数が増えたことの原因ではないでしょうか。これからも患者数はまだまだ増えると予想されています。

14

生活習慣病とがん

生活習慣病と聞くと最近はメタボリックシンドロームなどが一般的に知られていますが、がんも生活習慣病の一つであることを知っていたでしょうか?がんになる原因というのは、喫煙や、食生活、運動不足にアルコールなどが多いといわれています。がんの原因のほとんどが生活習慣が原因で発症しているということになります。生活習慣病であるがんを予防するためにはどうすればいいのでしょうか。その方法としては、まず一つ目としてバランスのいい食事を心がけましょう。そして毎日同じものばかりを食べて偏食するのではなくて、変化のある食生活をつけることも大切です。常に腹8分目にしておき、高カロリーで脂肪が高めの食事を控えましょう。アルコールや喫煙はほどほどにして、できれば喫煙はやめましょう。食生活の中からビタミン、食物繊維を豊富に摂取することが大切です。味付けは、塩分を少なくして薄味にすることも大切です。そして最近は運動不足になる人も多いですが、適度に運動をして、運動不足を解消するということ、それも生活習慣病のがんの予防になるのではないでしょうか。生活習慣病のがんを予防するためにも、生活習慣を見直し、規則正しい生活を送り、そして食生活を改善させれば、がんになる確率を減らすことができます。意外とがんは生活習慣病ではないという認識をしている人が多いですが、がんも、列記とした生活習慣病ですので、十分に注意して、予防できることなら未然に防ぎましょう。

15

生活習慣病と成人病

生活習慣病は今話題になっているので、聞いたことがある人も多いですが、数年前までは、成人病という呼ばれ方をしていました。食生活やアルコール、たばこなど、生活習慣にかかわる病気を総称したものが生活習慣病です。糖尿病やがん、高血圧などが生活習慣病の中に含まれます。成人病といわれていた時代もありましたが、なぜ生活習慣病と呼ばれるようになったのか、その理由は、成人病の原因の多くが生活習慣が原因で起きているものばかりだったからです。生活習慣病という呼ばれ方をするようになって、まだそれほど、期間は長くないのですが、メタボリックシンドロームなどをはじめとして生活習慣病は知られるようになりました。昔は三大成人病と呼ばれていましたが、現在は三大生活習慣病と呼ばれている病気として、がん、脳卒中、心臓病があります。生活習慣病の中でも特にこの三つが原因で死亡する人の確率がとても高いといわれています。生活習慣病も成人病も根本的には同じです。ただ呼び名をかえて、より生活習慣が原因で発症する病気であるということをわかりやすくした名前が、生活習慣病なのです。今生活習慣病は弱年齢化しつつあるといわれていて、子供の中にも生活習慣病予備軍を持っている人が多いといわれていますから、早めに生活習慣の見直し、改善を行わなければ、手遅れになる可能性もありますので、十分に注意することが大切なことです。日々の生活習慣の見直しが予防につながります。

16

生活習慣病の高血圧

生活習慣病の高血圧にかかっている人は、生活習慣病の患者数の中でも一番多いといわれています。血圧は血管に与えている血液の圧力を言いますが、血圧は心臓が収縮し、動脈に送り出されるときが最大血圧、心臓が拡張して血液が心臓にいっぱいになることを最少血圧と呼んでいます。血圧は、年齢によっても違っていますし、季節的なことでも違います。また1日を通しても、運動や食事、精神状態によっても違ってくるという特徴があります。高血圧というのは常に血圧が高い状態のことを言いますが、実は自覚症状がほとんどないことが特徴です。生活習慣病の高血圧をそのまま放っておくと、どうなるの化というと、動脈硬化になってしまったり、脳卒中、心臓病や腎臓病など、さまざまな病気を引き起こす要因になるといわれています。もしも高血圧だといわれたら、すぐにでも生活習慣を改善させなければいけません。生活習慣病の高血圧を予防するためには、まず肥満である人は肥満を解消することが一つの方法です。そして適度な運動も、血圧を下げることにつながります。高血圧と診断された人はこのように食生活にも気をつけながら、適度な運動を取り入れて治療していくことが改善につながります。悪化してしまった場合には薬を服用しなければいけないような状態になりますので、それ以前に早めに生活習慣病に気がついて、症状が出る前に予防することが一番大切なことになるのではないでしょうか。

17

生活習慣病の改善

生活習慣病というのは自分で十分に改善できますので、改善項目をこれから紹介していきますので自分で日々の生活の中で改善できることがないか考えてみましょう。まずは食事をおなかいっぱい食べていた人は、食事の量を減らす努力をしましょう。常に腹八分目程度にしておくことが大切です。そして時間をかけてゆっくりと食事をするようにして、よくかむことが大切です。普段あまり運動をしていないという人の場合には、運動を少しでも行う努力をしましょう。わざわざ運動をする時間を確保するのではなくて、たとえば一駅前の駅で降りて歩いてみるなども効果的です。生活習慣病を改善させる方法として、ダイエットをする人がいますが、無理なダイエットは体に負担をかけますので注意しましょう。一日に三食栄養バランスのいい食事を食べることでも十分に、生活習慣病を改善させることはできます。そしてストレスをためないように、自分で解消していける努力をすることも必要ですし、食生活面では塩分を控えて、できるだけ薄味にすることも生活習慣病の改善につながります。煙草を吸っている人というのは、禁煙するように努力します。そして糖尿病の可能性のある人は、甘いものを出来るだけ控えて、血圧のチェックも毎日行うようにしましょう。このように、色々と生活習慣病を改善するための方法はありますので、検診なども受けながら、早めに生活習慣病を改善させる努力を行うことが大切です。

18

生活習慣病と喫煙

生活習慣病の原因の一つに、喫煙があります。煙草にはいろいろな有害な物質が含まれていることは知っている人も多いと思います。タールやベンツピレンが、肺がんを引き起こすといわれていますし、ニコチン、一酸化炭素は、心臓病を引き起こしたり、脳血管障害などを引き起こす可能性もあります。煙草を吸った場合には、誰でもニコチンが体内に入り、それが血管を収縮しますので、血圧が上がるようになります。血圧が上がれば、心拍数も高くなり、それは心臓に負担をかけていることにつながります。一酸化炭素は中性脂肪、悪玉コレステロールを体内に増やしてしまう働きもありますし、善玉を減らす働きもあります。また脳卒中などの原因となる血栓を増やすことにもつながりますので本当に注意しなければいけません。生活習慣病でタバコがかかわる病気は肺がんだけだと思っている人もいますが、実際には、高血圧や、心筋梗塞、脳卒中、潰瘍など、実にいろいろな病気を引き起こす要因になってしまいます。生活習慣病の大敵といっても過言ではない、たばこを吸っているという人は、少しでも早くたばこを吸うということをやめることが大切です。生活習慣病は自覚症状がほとんどありませんから、発症したときには、すでに手遅れになっていることの方が多いです。ですから、たばこを一日も早く禁煙して、生活習慣病が起きるのを防ぐこと、それが一番の改善策になります。たばこを吸うことで、何のメリットもありません。

19

生活習慣病の動脈硬化

生活習慣病の一つに、動脈硬化という種類があります。生活習慣病の動脈硬化は、血管の内側に、コレステロールをはじめとする脂肪が固まってしまって、血管が固くなりもろくなる状態の症状です。生活習慣病の動脈硬化が発症してしまうと、動脈の壁の弾力は弱くなり、血管の内側は細くなります。そうなると血液の流れはどんどん悪くなりますし、血圧が高くなりますから、血管の壁がよりもろくなってしまいます。そうなってしまったあとに、組織、臓器といった部分に、適切な血液を運ぶことが出来なくなり、重い病気を引き起こすことになるのです。たとえば生活習慣病の動脈硬化が引き起こす病気としては、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などがあります。生活習慣病の動脈硬化を防ぐためには、どうすればいいのかというと、まずは植生あkつに注意する必要があります。食生活では動物性脂肪を出来るだけ控えて、野菜中心に取ることに気をつけましょう。肉には飽和脂肪酸やコレステロールが増える要因になりますので、動脈硬化になりやすいのです。コレステロールをたくさん含んでいる食べ物を控えて、食物繊維を豊富に摂取することで、コレステロールを体の外に排出させることができます。そしてあまり糖分を取りすぎないこと、また塩分の取りすぎにも注意することが、生活習慣病の動脈硬化を改善させることにつながります。そしてたばこを吸うのをやめて、適度な運動を行うことも動脈硬化を防ぐことになります。

20

生活習慣病の心臓病

生活習慣病の心臓病は、色々な種類があるのですが、動脈硬化が原因になって心臓病が引き起こされることもあります。これは生活習慣病の一つで、狭心症、心筋梗塞といった病気も、生活習慣病の中の心臓病に含まれます。そして脈ば乱れる心臓病もあります。たとえば不整脈などがそれにあたります。生活習慣病の中でも心臓病は得に怖いといわれています。なぜなら心臓が止まってしまったら血液がいきとどかなくなり、死にいたります。誰もいない場所で一人で倒れてしまった場合には、死にいたる確率は高くなりますし、死に至らなかったという場合でも、重度の障害を負うことにもつながるのです。生活習慣病の心臓病を予防するための方法としては、血圧と血液中に脂質のバランスを正常に保つことが一番大切です。そのためには食生活で血圧を抑えるためにも薄味で、塩分の取りすぎには注意して、甘いものや炭水化物なども取りすぎないことが大切です。そしてたばこを吸っているという人も、生活習慣病の心臓病を引き起こす要因の一つになりますので、この点も十分に注意しておく必要があります。ストレスを感じない生活、適度なストレス発散、そして適度な運動をすることも、心臓病を予防することにつながります。生活習慣病の心臓病三大生活習慣病にも含まれているほど、患者数が多いといわれていますから、毎日の生活の中で、気を付けられる点には十分に気をつけて、心臓病にならないようにケアすることが必要です。

21

生活習慣病と保険

生活習慣病は今や日本人の多くがかかっているといわれています。そこで保険会社も、色々と生活習慣病を対象にしている保険を用意しているのです。生活習慣病は1度かかってしまうと、なかなか完治しにくいですし、それだけでなく、生活習慣病は、長引くケースが多いですから、医療費もかさむと思われています。ですから、生活習慣病を対象にしている保険に入っておけば、安心して治療を受けることが出来るのではないでしょうか。生活習慣病保険としては、色々な保険会社が用意していますが、たとえば、生活習慣病によって入院や通院をした場合に対象になるというもの、生活習慣病の手術を受けた際に対象になる保険、今三大生活習慣病といわれて話題になっている、がん、急性心筋梗塞、脳卒中の場合には、通常の生活習慣病の時以上に手厚い保障を受けられるものなどいろいろとあります。生活習慣病の対象になっているのは、がん、心筋梗塞、脳卒中以外にも、脳血管疾患、高血圧、肝臓腎臓疾患なども含まれますし、糖尿病も対象になります。生活習慣病対策として、30代を過ぎたころから、生活習慣病保険に加入しておけば、万が一生活習慣病になった場合でも、安心して治療に専念できますから、経済的な負担が軽くなっていいかもしれませんね。生活習慣病になってからでは加入できませんから、前もって準備しておいた方がいいと思います。特に遺伝で生活習慣病になりやすい人もいますので、早めの対処が必要です。

22

生活習慣病とストレス

生活習慣病にストレスはかなり影響を与えているといってもいいと思います。生活習慣病を引き起こす要因としてストレスがあるわけですが、どのようにして、ストレスは生活習慣病を引き起こしてしまうのでしょうか。例えば、生活習慣病の一つである、狭心症という病気がありますが、こちらもストレスが原因であるともいわれています。ストレスを常に感じている人は、ストレスを感じていない人に比べると、狭心症にかかる割合が5倍も増えているともいわれているのです。やはり時間に追われる、常にストレス、緊張を感じていることがその原因です。そしてストレスがたまってしまうと、過食してしまう人もいるといわれています。馬鹿食いをして、その結果、糖尿病になる可能性も出てきますし、またそれだけでなくメタボリックシンドロームにもなってしまう可能性もあるのです。ストレスを感じていてそれを発散させるために馬鹿食いをしてしまうというのは、生活習慣病のこの二つを引き起こす原因になりますので、ストレスの発散方法を別に見つける必要があります。そして高血圧も生活習慣病の一つですが、高血圧はストレスが原因であるともいわれています。ストレスが負担になり、それが血圧を上昇することにつながるのです。このようにストレスというのは、様々な生活習慣病を引き起こすことになりますので、できるだけ早めに対処して、ためないことや、発散をすることを日々心がけておいた方がいいでしょう。

23

生活習慣病と肥満

生活習慣病は、日常生活の食習慣やたばこ、アルコールや運動不足、ストレスが引き起こして病気になるといわれているのですが、肥満の具合が20パーセント上を上回ってしまった人は、生活習慣病にかかりやすいといわれています。肥満の人というのは、標準体重の人と比較してみたときに、糖尿病には5倍の確率でかかりやすいですし、高血圧症にも3倍の確率でかかりやすいといわれています。そして生活習慣病の心疾患は、2倍の確率でかかりやすいといわれているので、十分に注意しておかなくてはいけないのです。女性の場合には、肥満が原因で不妊になる人もいるといわれていますし、妊娠中毒症になりやすいとも言われていますから、生活習慣病のほか、様々なことを引き起こす要因に肥満はなりますので、注意が必要です。生活習慣病の肥満になりやすい人というのは、食事の時間がいつも決まっていなくて遅い人や、間食が好きな人、偏食をしている人、炭水化物が好きな人、疲れたときに甘いものを食べないといけないと思っている人、運動不足の人、ストレスがたまって食べることで発散している人などが、生活習慣病の肥満になりやすいといわれていますので、十分に気をつける必要があります。生活習慣病を引き起こす肥満にならないためにも、日々の食生活のバランスの見直しはもちろんのこと、ストレスをためないことや、適度な運動を取りいれるといったことも大切になってきますので、気をつけるようにしましょう。

24

子供の生活習慣病

今、子供の生活習慣病が増えているといわれているのですが、ご存知でしたでしょうか?生活習慣病と言えば、生活習慣の不摂生や、今まで蓄積された様々なことが原因で起こるといわれていますが、大人と一緒で、子供でも糖尿病になったり、脂肪肝や肥満などの生活習慣病にかかってしまう子供は多いのです。生活習慣病は、大人で見てもわかると思いますが、一度かかると、完治させるのはかなり難しいといわれていますから、治療を始めても長期的に時間が必要です。本来ならば、生活習慣病と言えば、中高年代を中心にかかる病気だと思われてきましたが、最近は小学生でも、生活習慣病にかかるといわれているのです。医療機関で調べたところ、現在の日本の肥満児の1割に当たる人が、小児生活習慣病であるということが分かっています。なぜ子供たちが生活習慣病にかかっているのか、その理由としては、カロリーの摂取しすぎ、朝食を食べないために、栄養バランスが悪い、運動をしない、日々ストレスを感じながら生活をしているなどが挙げられます。生活習慣病に子供がかかっていないかは、親が確認してあげることが大切です。子供のころから生活習慣病にかかれば、20代や30代で急死するケースも出てきますので、本当に注意しなければいけません。ジュースばかり飲んでいる、カップラーメンやハンバーガ―などのジャンクフードをよく食べる、朝食を抜く、揚げ物が好きであるといった場合には注意してあげましょう。

25

生活習慣病と有酸素運動

生活習慣病の原因は色々とありますが、原因の一つには運動不足があると思います。運動不足が原因で生活習慣病になるという人も多く、その場合には肥満であったり、虚血性心疾患にかかってしまったり、高血圧症、脳血管疾患、糖尿病、痛風などにかかる可能性があるといわれています。では、どうすれば生活習慣病を予防して運動不足を解消できるのでしょうか。一言で運動不足の解消といっても、どれくらいの運動をすればいいのか分からない人も多いと思います。生活習慣病を予防したいと思っている人は、有酸素運動が効果的です。有酸素運動は今注目されている運動で、ダイエットなどでもしばしば用いられる運動ですので、ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんね。具体的に有酸素運動をあげてみると、ウオーキングやジョギング、そして自転車をこぐ、水泳などが効果的です。なぜ生活習慣病には、有酸素運動が効果的であるといわれているのかというと、それほど激しくない運動を、長く続けていれば、体の中に酸素を取り込むことが出来て全身に酸素がいきわたって新陳代謝が良くなると考えられているのです。生活習慣病を改善させるための有酸素運動としては、できれば、1日に20分以上何かを続けましょう。毎日継続して行うことが一番の方法ですから、がんばって、有酸素運動を毎日20分以上続けられるように努力することが大切です。わざわざ行うのが無理な人は、いつも電車に乗っていた区間を歩いてみることから始めてもいいでしょう。


生活習慣病にならない為にもダンスをしましょう。

立川ダンススクールFANTASY

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

[10月代講、休講連絡] お世話になっております。 10月の代講一覧になります。 [多摩本店] 10月6日(木)MOKA→楓 (変更なし) 10月7日(金)MOKA→楓 (変更なし) [立川店] 10月7日(金)KANA→YOSHIKO(変更なし) 10月8日(土)11:05~3クラス→YOSHIKO (変更なし) 15:50~3クラス→休講 [小田急相模原店] 10月5日(水)KANA→YOSH